So-net無料ブログ作成

1chipMSX RGB出力 [1chipMSX]

電子回路は難しい。1chipMSXとは関係がないのですが、検索してC-syncの合成回路を作ってみたものの、どーも上手く動かない。理由が分からないので、とりあえずAVマルチ端子でちゃんと映る1chipMSXの出力を測ったりしてました。

ちょっと驚いたのが、ちゃんと9ピンから+5Vが出ていること。

もっと驚いたのが、C-syncが2.5Vp-p!?

この辺り良く分かってませんが、C-syncの出力を測ったら2.5Vありました。

不安になったので、PSを引っ張り出してきてAVマルチ端子の出力を測ると2Vある。

・・・ということはAVマルチ端子のSyncは1Vp-pではない?資料が見つからないのでなんとも分かりませんが。

それより1chipMSXの出力を1Vp-pの機器にそのまま信号突っ込むのはイカンのかもしれません。


1chipMSX AVマルチ端子用ケーブル [1chipMSX]

割と入手困難といわれるVMC-AVM250(AVマルチケーブル)ですが、まだまだ入手可能なようです。ただ店頭にはなかなか無いうえ、在庫を持っている通販も少ないです。大体取り寄せになります。

そのため納期がいつになるか分からないので、いくつかのお店で購入したのですが、何故か今日一斉に届いてこんなことに・・・。

そこで1本を贅沢にぶった切り、1chipMSX用ケーブルを再作成。前のケーブルは色々実験しているうちにノイズが乗るというか、おかしくなってしまったのです。

1chipMSXの15kHz出力ではAudioもD-subの14pinに出ているので、RCAプラグをつける必要はないのですが、一応ステレオ拡張用に。RCAもそうですが、変換プラグではなく、直結用なのでD-subはオスです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

1chipMSX AVマルチ端子に接続する [1chipMSX]

家のテレビはSONY KV-29DR1なのでAVマルチ端子を装備しております。ただ初期のもので、D1、色差入力非対応というスペックのため、プレイステーションをはずしてから使うこともなく眠っていました。

しかし1chipMSXには15kHzRGB出力機能があります。これはもしかして簡単につなげるのでは・・・ということで、いろいろ調べてみました。

まずAVマルチ端子とD-sub15ピンのピン配列を検索して調べます。RGB、GNDはそのままなので直結すればOK。問題は同期信号です。

テレビ側のAVマルチ端子にはVIDEO信号を受けるラインがあります。ここに同期信号を入れてみれば映るはずなのですが、問題は複合同期信号が必要なことです。

つまり、VGAのH-Sync、V-syncからC-Syncを作る必要があります。これには電子回路が必要になります。うーん、面倒くさい。

が、さらに調べていたら、1chipMSXの15kHz出力ではHVではなくC-Syncが出力されているとのこと。あ、ほんとだ。しかも15kHzはVGAじゃなくてRGB出力だ。

これはナイス。ということで、D-sub - AVマルチのケーブルを用意し、それぞれのRGB、GND、そしてC-sync(D-sub13ピンをAVマルチ7ピンへ)を接続。

がしっとケーブルを挿していざスイッチオン!

綺麗に映りました!

※余談ですが調べているときにAVマルチ側へSync on Greenで同期信号を入れればよいという記述も見かけました。たぶんこれは色差信号に対応している機種のみだと思います。家のはダメでした。


1chipMSX ACアダプタを交換する [1chipMSX]

すでにあちこちで書かれていることですが、1chipMSX付属のACアダプタはスゲー鳴るので交換したほうが良いです。

買ったのは秋月電子通商スイッチングACアダプタ 5V 2.3A [NP12-1S0523]

出力が若干足りないですが、特に問題なく動いています。

あと画面に波が出ていたのが無くなりました。まあこちらは接続や置き場所を色々変えたせいかもしれませんが。


1chipMSX ジョイカード製作 [1chipMSX]

身近にMSX用のジョイカードを持っている人がいなかったので自作してみました。

コンセプトは、「現在新品がそこら辺で入手できるもので製作」

ということで、具材。

・USBゲームパッド
・RS232Cストレートケーブル3m

SANWA SUPPLYのパッドが良いです。というのは、チップや配線が大きめで加工が楽です。あきらかに手ハンダと思われるハンダ付けが見られるのがナイスです。安いですし。

続きを読む


1chipMSX マニュアル届いた [1chipMSX]

これで正式な環境設定が出来ます。
マニュアルを見るとコマンド類はFAT16対応になっているようです。


1chipMSX DOS環境設定 [1chipMSX]

先日とりあえず動くようにしましたが、やはりMSX-DOS2の環境を整える必要があります。ファイル数や容量の問題もありますので。

これはマニュアルと付属CDが届けば問題なく出来るはずですが、それまでは自力で何とかしなければなりません。

いやまあ、探し出すのが自力なだけで実際のところはツールを作ってくださった作者の方々のお力なわけですが。

リンク先、ツール作者の方々に感謝!



で、まず何は無くともMSXDOS2.SYSとCOMMAND2.COM。これを探し出す必要があります。昔使っていたディスクがあればそこから持ってくれば簡単ですが、無ければどこかから持ってくる必要があります。

MSX MAGAZINE永久保存版あたりから探し出すのが比較的簡単かと。私の場合はMSX FANの付録ディスクがあるのでそこから持ってきました。

続きを読む


格闘!1chipMSX [1chipMSX]

先週1chipMSXが届き、週末はこれの環境設定に格闘してしまいました。

問題は、

・マニュアルが付いていない(簡易マニュアルのみ)
・ブランク長すぎて色々忘れてる

というわけで、とりあえず起動してみるくらいしか無いので接続して起動。おお、MSXのロゴが!テレビに!

当時の実機と比べるとかなりオーバースキャン気味のような感じです。あと画面の位置がずれている・・・とこれはテレビとの相性の問題か。でもset adjustとかが使えないようなので調整も出来ず。

あとこのナイトライダーキットを考えたやつはとりあえず正座2時間。いやPLDの動作確認用というのは理解しますが、普通に使うときは目にうるさすぎ。

続きを読む


1チップMSX進化中 [1chipMSX]

いつのまにやら仕様が拡張されてメインメモリが1MBに!

1chipMSX / 予約販売ホームページ

な、なんて広大な領域なんだ(笑)実機のときは憧れだった・・・でもページングが・・・

RAMディスクがつくれますね。とはいえ物理的な実フロッピーディスクはSDカードにしないと読み込ませる方法が無いので・・・どうなるんだ?

一般販売中のようです。事前予約は相当数あったみたいですが、実際の注文数は苦戦しているのでしょうか。限定5000台生産で、事前予約が4500のはずなのですぐなくなると思ったのですけどね。

まあ自分とかは熱狂的に欲しいわけですが、実用的かと言われれば全く実用的ではないので。

でもきっと起動してMSXのロゴが表示されるだけで感動するだろうなぁ。


1チップMSX [1chipMSX]

http://www.msx.d4e.co.jp/

D4エンタープライズから発売されることになった、「1チップMSX」の予約販売ホームページが出来てました。

まだ予約自体も開始されていませんが、外観や仕様情報が載っています。コミケで試作機が動いてたのか・・・見たかった。

個人的にはクリアブルーはちょっと好みではありませんが、まあ剥き身よりははるかにいいですね。砂目黒とかがそれっぽくていいと思うのになぁ。クリアだとどうしても開発機材のような印象になってしまって。

それはそうと、アタリ仕様、MSX用のジョイパッドやマウスもあわせて復刻してもらえないでしょうかねぇ。まだあるのかな?


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。