So-net無料ブログ作成

2008 F1ハンガリーGP [F1]

コバライネン初優勝!グロック2位!ライコネン3位

ハミルトンの先行逃げ切りと思われた決勝ですが、スタートでマッサが魂のオーバーテイク、そのまま先行。どっちもトップに立つと手のつけられないタイプなのでマッサがぐんぐん先行します。

と、中盤でハミルトンがパンク。あれ見た感じだとロックさせた後パンクですから攻撃的なドライビングが仇になった感じですかねー。緊急ピットインでポイント圏外へ後退。

ライコネンはいいとこ無い感じでしたが最後のタイヤセットがはまったのか終盤怒涛の追い上げ。この時点で3位を走っていたグロックの背後に接近。

が、ラスト3週でトップのマッサがまさかのエンジンブロー!

これを見てチームから指示が出たのかライコネンはクルージングモードへ移行。グロックから結構離れての3位になりました。

結果フレッシュな1-2となりました。コバライネンには大きなプレゼントでした。

グロックは前回の大クラッシュからの2位。なんというか、F1の世界ではクラッシュした後のドライバーって強い気がしますよ。恐怖心が出るというよりはなんかもう、吹っ切れちゃうんですかね?

あとピットでの火災が多発。気温が高くマシン全般に厳しかったことを考えると、より速かったマッサとハミルトンは限界を超えてしまったというトコロでしょうか。こういう場合淡々とレースをしていた方が強いのかも。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

2008 F1ドイツGP [F1]

ハミルトン優勝、ピケがなんと2位!、マッサ3位
ハミルトンが逃げ切るパターンと思われましたが中盤で波乱。

グロックがクラッシュしてセーフティーカー導入。この時ハミルトンはピットインせず、後にピット作業を残すことに。

そして、絶妙のタイミングでピットインしたピケがなんと途中リードをすることに。これは驚きました。今シーズンデビューしてからいいとこなんてほとんど無かったのに。

そして不思議なことにルーキーの操るルノーマシンにマッサが追いつけず、もしやこのまま優勝か、と思われましたが、一時6位まで落ちたハミルトンが怒涛のオーバーテイクであっという間に追いついてきて逆転。

これはもうなんというか、速過ぎると思いましたが、まあコバライネンの譲り方があんまりにも下手だったのを除けばとにかくすごかった。コバライネンはもうちょっと昨年最終戦のマッサを見習うべき。あれだと後でハミルトンの優勝にケチがつきかねないし。

あとグロックの救助はちょっとひどかったですね。腰を痛めている風の動きをしているのに歩かせるし。介助は付いていましたけどあの状態なら担架出てきていいはず。なんでそういう体制にならなかったのかは不思議です。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

2008 F1イギリスGP [F1]

ハミルトン優勝、ハイドフェルド、バリチェロ3位!
ウェットレースでした。

予選ではコバライネン、ウェーバーがフロントローに来るという波乱があったものの、雨での順位変動はそれを上回り、もうとにかくあちこちでスピン。

中盤まではだんだんと路面が乾いていくコンディションでしたが、中盤過ぎで雨が一時激しくなり、そこで大波乱。

一回目のピットインでタイヤを替えなかったライコネン、アロンソは極端にペースダウン。逆にこのタイミングでエクストリームに履き替えたバリチェロ、中嶋あたりは猛烈にペースアップ。

ここでのタイヤ選択がすべてだったとも言えるでしょう。バリチェロは結果3位。中嶋は終盤乾いてきた路面に苦しんで最後に抜かれましたが8位。

しかしまあ、雨だと得手不得手がはっきり分かれますねぇ。その中で生き残れるのは結構すごいことです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

2008 F1フランスGP [F1]

マッサ優勝。ライコネン、トラブルを抱えつつも2位でフェラーリ1-2
そして、トゥルーリが意地の走りで3位表彰台!

いやぁ、トゥルーリは誰かのために走っていると本当に強い。前回表彰台ももしかしたら亡くなった友人のために捧げた時でしたっけ。

雨がぱらついて減速した終盤、コバライネンに猛追されつつも、譲らず。ブロックラインというか、立ち上がり重視のライン取りに変えてしのいでいたようにも見えましたが。

そして終盤並ばれたときの絶妙なタッチ。あれはもう、トゥルーリうまー、と思わずうなりました。あれほどの意地をみせた場面は最近ではなかったかと。

トヨタの戦闘力の底上げもあったのでしょうが、しかしマクラーレンに比べれば速くは無かったわけで、この結果はもう、今回のトゥルーリの走りは強かった、ということに尽きますね。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

2008 F1カナダGP [F1]

クビサ初優勝!BMW初勝利、さらに1-2!
いつも荒れるカナダですが、すごい結果が出ました。

まあ、ハミルトンの阿呆ぅ、というのが大きなファクターでしたけど。

どうも、思い通りに事が運ばないといきなり破綻してしまうようなところがありますね。順調なときはとても強いのですが。2年目のルーキーであることを思い出せばまあ仕方ないところもあるとは思いますけど。しかし信号見てないというのは。

ぶつかられたライコネンのジェスチャーが明らかに「信号見ろよ」的なのが怒りがにじみ出てて共感。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

2008 F1モナコGP [F1]

ハミルトン優勝。クビサ2位

雨のモナコ2時間レース。

序盤ウエットで、後半ドライになっていく難しいレース。しかも市街地モナコといいうことでクラッシュ続出。

フェラーリの2台がどちらもそのせいで崩れたのはともかく、クビサが上位にいることはもはや普通になってきました。

そしてスーティルは大金星目前でもらい事故。うーん、不運。

SCや天候で翻弄されたのでヒットしたドライバーでも上位に入れたわけですが、

そんななかでも淡々と走り続けた中嶋、ピットワークでのミスがあったものの本人のミスなく7位入賞。これは高く評価してもいいんじゃないでしょうか。

純粋な速さではないとはいえ途中ファステストとかも出してたみたいですし、安定性は高い。バタバタでも純然たる速さを持ってるほうが評価の高い世界ではありますが。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

2008 F1トルコGP [F1]

マッサ優勝。ハミルトン2位。

相変わらず得意なコースでの先行逃げ切りでは手のつけられないマッサ。でも今回はハミルトンの3ストップにちょっとドキドキしました。

タイヤの問題で3ストップにせざるを得なかったとはいえ、序盤でちぎられたらマッサは止められないので見ている分には面白かったですね。プレッシャーをかければミスをしないドライバーではないですから。

初めに中嶋が追突されてリタイア。完全にもらい事故なんですが、こういうアクシデントを避けるために予選グリッドが重要。

今年は特に電子制御が制限されているため、スタートでの順位変動が結構激しく、またコーナーで姿勢を乱すことが多いので前の方にいることがトラブル回避に結構重要。ここは課題ですね。

そして結局「話が違う」ことに翻弄されたスーパーアグリ撤退。まあこれでF1新規参入への道は実質閉ざされたわけで、あとは各メーカーがどれだけ頑張れるか。頑張れなくなったところからチームが減っていって幕を閉じるのでしょう。コストは減らないだろうし。

でもチームが減れば参入障壁を減らすなりコスト削減なりするでしょうから、またチャンスは来るのかもしれませんが。

で、1チームに絞ったホンダはいつ上位にくるの?
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

2008 F1スペインGP [F1]

ライコネン余裕のポールトゥウィン。フェラーリ1-2。

序盤からアクシデントが発生して結構荒れたレースでした。完走13台だし割とサバイバル。

コバライネンのアクシデントは血の気が引く映像でした。あのスピードで真っ直ぐ行ってしまってはさすがに・・・と思いましたが無事だったようで何よりです。近年のF1マシンの安全性は本当に凄いですね。良くても足を骨折という感じでしたがそれもなく、脳震盪のみとは。

予選ではアロンソが気を吐いていましたが決勝ではマシントラブル。地元で復活とは行きませんでした。まあアロンソ自体は存在感を存分に示していましたが、チームとピケは厳しいところですね。あとマクラーレンも下降気味。

中嶋が7位入賞。ホンダのバトンが6位。3位~8位は全て違うチームということで今期の乱戦振りが現れています。まあアクシデントも多かったのですが。

SCの妙なのか参戦すら危ぶまれていたスーパーアグリが一時10位を走行していたのはびっくりでした。なんとか話がまとまって欲しいものです。なんというか、チーム設立から「話が違う」ということに翻弄されまくりですね。カスタマーシャーシ解禁の話がまず最初にあったはずなのに。あといきなり消えたテストドライバーとか(笑
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

2008 F1バーレーンGP [F1]

マッサ優勝。フェラーリ1-2。BMWが3-4。

マッサは相変わらずハマると速い。特に今回のようなバトル無しの逃げはマッサの勝ちパターンですね。まあバトルになると負けたりしますから・・・。

コースコンディションが悪く、サバイバルになると思われた割には意外と完走率が高いレースで、スタート直後以外は荒れた展開もなし。

ハミルトンはたまに脆いのが今回も出てしまいました。

そしてBMWがコンストラクターのトップに。とはいえスピードはまだ足りないのですが、レース全体での信頼性がここまでの3戦では2強を上回っていると言うことでしょう。

次戦からヨーロッパに戻って各チームがどのように進化するかがポイント。

ああ、ルノーは今年は置いていかれましたねぇ。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

2008 F1マレーシアGP [F1]

開幕戦とは全く違う勢力図のレース。ライコネン今季初勝利。

今年は本当に差がわずかみたいですね。まあ一部下位チームは置いといて。なのでコースの得意不得意、設定の出し方でかなり順位が大きく変動してしまいます。どこのチームが上位に飛び込んできてもおかしくない。

今年は面白いかも。それでもフロントはフェラーリ、マクラーレンの二強でしょうが、あまりに圧倒的に強いわけでもないみたいですし。

あ、ピケJrも何とかなったみたいで。やはり前戦は車が出来ていなかったか何かでしょうかね。大体アロンソから一寸遅れのタイムを出してましたし。

まあでも今回のハイライトはかなり前半ですが、

「バックストレート、3台が並ぶ!・・・ハイドフェルドだ~っ!」

どっかのアニメで聞いたようなナレーション!燃える!
こんなバトルが一杯あると面白いですね。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。