So-net無料ブログ作成
検索選択

LIVA X2導入顛末記 [PC]

PSVRが入手できない腹いせにLIVA X2を買ってみました。
・・・いえ前から欲しかったんですよ。ただ欲しいだけだったので買わなかったんですが、そろそろ終息かな、という時期に一瞬値段が下がったので。

livax2_1.jpg


可愛いでしょう?

LIVA Xではプラスチック感が強く非常におもちゃっぽかったのですがX2はラウンドフォルムと質感が非常によく出来ています。また持った時の重さも大きさに見合うだけあり、本当にギュッと凝縮した感じになっています。

さて、買ったのはベアボーンモデルなのでOSをインストールしなければなりません。LIVAはメモリもストレージも載っているので本当にインストールするだけなのですが、今回はWindows10にしました。

ということでWindows10も購入。初めてUSBメモリ版を買ってみました。Windowsのパッケージも随分かわいくなりましたね。

livax2_2.jpg


早速インストール、と思ったのですがまず接続したモニタに何も映りませんでした。色々試したわけではないのですがDVI変換はうまく行かないようです。とりあえずTVに繋いでBIOS画面は出ました。ということでインストール!

と思ったのですがUSBメモリを認識しません・・・マイクロソフト純正なのに!

別のPCでは認識したので手持ちのUSBメモリを空けて中身をコピー。これをつけて起動したところあっさりインストールが始まりました。

インストール自体は躓くことなく成功。ドライバもすべて自動で入りました。

ということでセットアップ終了。ちなみに処理速度は、遅いです。大体タブレットに入っているAtomとかと同じくらいだと思います。ネットを見るくらいでも結構もっさりしています。

しかしファンレスなので電源ボタンがついている以外動作しているかどうかわからないくらい静かです。結局起動していようが止まっていようが素敵なインテリア、ということですね。


BNT-71WでHDMI出力してみた。 [PC]

BLUEDOTで8000円くらいで買えるAndroidタブレットBNT-71Wですが、特徴としてmicroHDMI端子がついています。
https://www.bluedot.co.jp/products/bnt-71/

bludot_1.jpg


最近の機種では高級機以外あまり出力はついていないのでこれは遊べるんじゃないかと思い試してみました。MHLと違いケーブルがあればいいので手軽です。

まずは公式サイトで本体と純正のケース、ノングレアの保護フィルムを購入。
本体メモリが少ないのでストレージ用に適当なmicroSDを付けました。

早速ケースに入れたら締め付けでSDカードスロット前のパーツが浮くという事態が。奥まったところにあることもありケースに入れたままSDの入れ替えは無理そうです。

bludot_2.jpg


ちなみにSDスロットの上にあるのがHDMI。ということでHDMIでTVに接続。あっさり映りました。接続メニューで設定を変えたりもできますが基本は自動で問題なし。

ただインターレースの動画を映す時は注意が必要です。非力なうえスケーリングも入ってくるのでプレイヤーによってはきれいに解除できません。

とはいえ自宅では大きな問題なく行けました。

しかし一筋縄ではいかないのが怖いところ。

HDMIの相性か、別のTVにつないでみたところ、動画再生中にいきなりブラックアウト、なんと端末が再起動されました。そしてSDカードを認識しません。

幸いSDを外して再起動しマウントしなおしたところ認識されるようになりましたが、その後も動画再生してプレイヤーに戻ってくるタイミングで出力側がブラックアウト、都度HDMI設定をし直さないと画面が復帰しないなど問題が発生。

不安定でとてもプレゼンなどには使用できそうにない感じでした。
HDMIの信号相性か何かだとは思うのですが。
かなり運任せになってしまうので完全に遊び用ですね。スティックPCを持っていくより周辺機器が少なくて済むかと思ったのですが、ちょっと残念です。

Lavie Tab E TE510/BAL購入 [PC]

CLIDE10の調子が良くないので新しいタブレットを購入しました。
いや調子が悪いというより不満点が増えてきたから、ですかね。

一番の問題点は無線LANが繋がらなくなってきたことです。
起動後なかなか繋がらない事が増えたのに加え、ゲームやってるとしばしば切断されるのでこのストレスはよろしくないと思い踏み切りました。

te510_1.jpg
しばらく物色した結果選んだのがLavie Tab E。

解像度は1920×1200なのでCLIDE10には劣るのですが外部スピーカー不要だし、使いやすい方向が順方向なので回転も不要だし、いざとなったら有線も可能みたい(イーサネットの項目がある)。

とりあえずセットアップアップデートがあったのでそれを適用してからホームアプリがちょっと気持ち悪かったのでNOVAに入れ替え。後はいくつかアプリを入れて完了。

買ってから比べて分かったのですがCLIDE10より発色が鮮やかで、Intelじゃないので発熱も少ない模様。買ったばかりなので劣化が無いせいかもしれませんがバッテリーの持ちも良いようです。

■液晶保護シート
残念ながらASDECの専用シートは無いながら、いくつかのメーカーから専用サイズが出ているのでそちらを選択。「OverLay Plus for Android」のアンチグレアタイプを使用しました。


今回のシートはアンチグレアといってもしっかりノングレア処理されており、反射は完全に防げるうえにギラつきもさほどありません。耐久性は分かりませんが今のところ当たりです。

そのほかの周辺機器はすべてCLIDE10から流用。Lavie Tabの方がちょっと小さいです。


FGOを引継ぎしてやってみたところこちらの方が動きが滑らかで動作が良い。コマ落ちが減りました。まあ元々Intel機は動作対象外だし描画周りがエミュレーションで若干遅いのかもしれません。あとワイドなのでこちらの方が大きい画面で出来ます。

電子書籍の閲覧は4:3のほうがしっくりくるのですがこちらでコミックを表示してみても左右に余白が出来るだけで問題なかったので完全移行しました。

予定外の出費でしたが微妙な不満点を解消できる機種だったのでよかったです。

スライディング裸族 CSDRU3とCSDRU3B6G [PC]



外付けUSBケースとしてスライディング裸族が便利なので使用しています。

ところで昨年末、6TBのHDDが安く出ていたので買ってみました。
で、繋いでみたところ認識しない!という事態が発生したわけです。

どうやら使用していたのがCSDRU3という古い型でこれは6TBに対応していなかったようです。
パッケージでは3TB対応、実際上4TBまでは使用できていたのでその上で制限がかかるとは思ってませんでした。

というわけで現行版、CSDRU3B6Gを購入。さっそく繋いでみたところ問題なく認識しました。パッケージにも8TBまで対応と記載されています。

外見上は全く差が無いのですが、ブリッジチップが異なるのでしょう。他にもSATA6G対応、UASP対応など性能が向上しているようです。うちの環境では発揮できなそうですが。

それにしてもHDDの容量制限は色々なトラップがありますね。2TBの上はもうないかと思っていたのに。

プラグインスピーカー ASP-SMP050 購入 [PC]

CLIDE10の欠点として挙げられるのが音量調節機能の不備です。
かなり大きな音まで出るのですが、逆に小さく絞れない。
1目盛りでも結構な音量が出てしまうので調節ができないのです。
ゲーム側の音量を最小に絞って1目盛りでもダメでした。

そこでイヤホンジャックに付けるスピーカーを購入。
スマホの8倍出力で!というスピーカーでようやくちょうど良い音量調節ができます。

ただこれ、バッテリー搭載アンプ内蔵スピーカーなんですよね。充電切れると全く鳴りません。普通電源切れたらパッシブで鳴るものだと思ってました!





CLIDE10 TC97RA1追加 [PC]


タブレット 9.7インチ iPad air iPad 2 レザーケース (黒色)

タブレット 9.7インチ iPad air iPad 2 レザーケース (黒色)

  • 出版社/メーカー: イーカエルデジタル館アマゾン店
  • メディア: エレクトロニクス


ちょっとよさそうなのがあったので追加で購入。
これがサイズ的にはピッタリでした。

あと有線LAN接続を試みましたが失敗。
I-O DATAのEXT3-US2というアダプタでNexus7(2012)ではうまくいったのですがこの機種では接続できず。ランプは付くんですが、イーサネットを認識できない様です。残念。

余談ですがフルHDより高解像度なのにブラウザがモバイルページに飛ばそうとするのですごい変な感じに。設定でPCサイト優先にしたのでPCと同じように見えますが油断するとモバイル大画面になるのでびっくりします。

あとIntel CPU非対応のFate/Grand Orderも動いているのでAndroid的には大画面で遊べます。
たしか内部でOSレベルかCPUレベルでエミュレーションしているんで余程特殊な組み方しなければ動くような気がするんですけどねー、何で非対応にしたんだろう?

CLIDE10 TC97RA1購入 [PC]

電子書籍用の端末として10インチのが欲しいなーと思い、買ってしまいました。
この端末、2048×1536の解像度がありながら2万円台前半と格安なのです。
clide10_1.jpg
OSはAndroid4.4、なのにmicroSDカードスロットがあるので気になったのですが、他の端末でも使っているファイルマネージャアプリで何故かコピーが出来ました。

できないのは移動だけでしたっけ?
Readerアプリでも保存先をSDカードに出来るようですし、問題は無い様です。

さて気になるのはアクセサリ類。
マイナー機種なので当然の如く専用品はほぼありません。
そんなわけで汎用品で色々揃えます。

■液晶保護シート
過去の体験からこれはもうASDECのノングレア一択なのでそこは迷いなし。
ただ、ちょうどのサイズがありません。
フラット面は238mm×175mmなので若干足りないですが、表示部分は覆えるのでipad air用のNGB-IPA05かNGB-IPA06を貼るのが簡単です。



より全面を目指すには旧ipad用のND-IPA03を切る方が良いのですが、断面がわずかに盛り上がってきれいに貼れませんでした。こちらは切り方を変えて再チャレンジする予定。
clide10_3.jpg
追記:再チャレンジの結果、うまくいきました。両サイドを4mmずつ、はさみで切って貼ると良いです。カッターではダメ。

■ケース
こちらは10インチタブレット用のものを買えばOK。
サンワサプライ PDA-TABS10を購入。



ただちょっと大きいです。10インチと言っても10.1インチと9.7インチがありこの機種は9.7インチなのでそれ用のがあればその方が良いかと思います。

色々・・・と書きましたがこんなものですね。

kindleとreaderしか入れてませんが、表示はなかなか良い感じです。
clide10_7_mini.jpg
気になったのは使用中かなり熱くなること。裏面が熱いので膝の上で使用するのはやめた方がよさそうです。

また充電中の充電器もなかなかの熱さ。ちょっとビビります。

そのうちこれでスマホゲーとかもやってみようかと。動けばですが。

すごい ひどい Googleプレイ [PC]

nexus7が気になって店頭で見たりいじったりはしていたのですが、さすがに人気商品。発売日からあっという間に品切れになってしまいました。

本当は店頭で買いたかったのですが、仕方がないのでGoogle Playで10月9日に発注。この時、「3~5日で発送」となっていたのですぐに来ると思っていました。

ところが、しばらくして見ると「発送は25日の予定」に。・・・ずいぶんと遅いじゃないか。ネットで見るとどうもこれより前には来ない模様。がっかりしましたが人気商品だから仕方がないですね・・・

しかしどうやら自分より後に発注した人たちに次々と品物が届いている様子。どうやら9日~11日に発注した人が後回しにされている模様でした。いったい何が起きたのやら。Googleに問い合わせても定型文が返ってくるだけで理由の説明も原因の調査もなし。ひどい話です。

あまつさえ、後日再発注かけたらその方が早く届きますかね?と聞いてみたら、それも手ですねーと帰ってくる始末。どんな状況なんだ。


ところで、購入時にデビットカードを使用したため、すでに発注時に金額の引き落としはされていました。

ところが、19日になって再び引き落としが発生。これはどういうことかとGoogleウォレットに問い合わせると、Google playに聞いてくれと(笑

社内の組織構造なんざしらんがな。

まあデビットカードでの2重請求は、良く出来てない通販サイトではあることなので月末に返金されるだろうと思っていました。

ところが、29日に3回目の引き落としが発生!

ただこの展開は読めていたので、口座の金額が不足していたのですが、そのままにしておきました。

結果講座金額不足で引き落とし出来ず。さすがに3回目は許容できないうえ、すでにブチ切れていた私はこのまま7日放置して自動キャンセルになるように手配。

nexus7自体はすでに店頭で売っていたので購入してしまいました。


さて、時は流れて12月。

そういえば返金はされたかなと調べてみたらされておらず。
あわてて銀行に問い合わせたら3日で返金されました。やれやれ。

ということで、nexus7通販はとんだGoogleプレイでしたよ、全く。
Googleで配送が必要な品物は買っちゃダメってことですね。

VAIO S(SE) 購入 [PC]

初めてVAIO買いました。店頭販売モデルのVPCSE29FJというやつです。

フルHDのIPS液晶ノートというのに惹かれて決めました。ノングレアではなくハーフグレアですが反射は結構抑えられています。

店頭モデルはHDDなので別にSSDを購入して載せ替え。CorsairのPERFORMANCE PRO 128GBが安かったので選択。移行は初期セットアップ後、リカバリーメディアを作成してリカバリで行いました。なんと、Blu-rayにリカバリを作成できるので1枚で済みます。

ちなみにHDDはSeagateのMomentusが入っておりました。

移行後、使うソフトをセットアップしてようやく触り始めたところですが、さらっと初期インプレッション。

筐体がマグネシウム合金なので冷たいです(笑

液晶は若干青い気がする。が、これは前のThinkPadが異常に赤かったためだと思う。灰色部分を見ても暖色系なので慣れの問題かと。表面感が独特ですがぎらつくような感じもせず、いい感じです。

キーボードは好みもあってThinkPadの方がいい。アイソレーションに慣れていないというのもあるけど。筐体がしっかりしているので変にたわむようなことはないが、キートップが若干ぐらつく感じはする。光るギミックはいらない・・・

スピーカーはしょぼい。すごくモバイルな感じです。音が鳴るのはオマケぐらいに考えた方がいいでしょう。あと液晶やSSDのノイズを拾っているのか、右のスピーカーからいろいろ音がしますw

余計なソフトが大量に入っているので消す。30日体験版とか。

ファンが回ると爆音。段階はあるのですが、かなりな騒音です。ただしSTAMINAモードでは今のところ回っていません。ネット見るくらいの時はSTAMINAの方がいい感じ。というか前と比べるとそれでもパワフル。

ふたを開けてもスリープ復帰しない。よく考えたら普通なんですが、ThinkPadに慣れてしまっていたので。どこかに設定があるのかな?

トラブルが発生したのはLAN。Realtekのチップが乗っているのですが、これがスリープ復帰時にコケまくってくれました。そのままずっと処理を持って行ってしまうのでシャットダウンにも時間がかかり、スリープの意味がありません。初めからシャットダウン、再起動した方がはるかに速いです。

この問題は今のところデバイスマネージャから「電力の節約のために、コンピューターでこのデバイスの電源をオフできるようにする」のチェックを外すことで回避できています。ドライバの出来が悪いのか、寝てしまうと2度と起きないということでしょうか。

とりあえずはこんなところで。

最初にTNノートを買って懲りてからIPS液晶のノートを使い続けてきましたが、まさかまた新機種が出るとは!しかもフルHDということでノートPCの環境でも縦の解像度が1000pxは欲しい人なのでうれしいラインナップです。TN液晶も昔に比べると良くなってはいますが、またIPS液晶の機種が増えていってくれるといいですな。

3.5インチHDD型2.5インチHDDケース [PC]

年度末なのでいろいろ買ってしまってますが、そのうちの1つ。ICY DOCK MB882SP-1S-1B。
dock1.jpg
2.5インチHDDケースなのですが、外付け用ではなく、3.5インチに変換するケースです。

扱いはとても楽で、ふたを開けて2.5インチメディアセットし、ふたを閉めればコネクタに刺さって固定される仕組み。またふたを開けると自動的にコネクタから外れます。便利なケンリュウ。
dock2.jpg
で、これを5インチベイ内臓リムーバブルベイにセット。所謂三段合体ですね。パイルフォーメーション!バァァイカンフーーーッ!!
dock3.jpg

ノート以外のPCにはすべてリムーバブルベイを付けてあるので何かと便利です。USB外付けにするより速いですしね。

隣にMB882SP-1S-2Bというのも売ってました。こちらは機構を簡略化してより軽量化したものらしいです。持って分かるほど重さが違うのですが、何となく重いほうが良いかなと思って(笑)今回は1Bの方にしました。

3.5インチのリムーバブルベイがある環境では1つあると色々便利に使えるアイテムではないでしょうか。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。