So-net無料ブログ作成

Giga Landisk HDL-GX500RのHDD交換 [PC]

NASを強化しよう、と思い立ちHDDを大容量のものに交換しました。

すでに方法は確立されていて、検索すれば何件も出てくるのですが、ちょっとずつ記述が異なったので自分用メモ。

参考サイト:
Giga LANDISKのHD交換方法 まとめ - Decremented Blog
備忘録: LANDISK(HDL-GXR(400)) HDD 交換

さてさて、まず私のところはHDL-GX500R。これに搭載されていたのは、Seagate Barracuda7200.10(ST3500830AS)。これをWESTERN DIGITAL Caviar Green(WD20EADS)に交換します。容量は2TB。
1. ファームウェアをVersion1.15に更新

2. Telnet有効化
I-O Hack/Giga LANDISK/ソフトウェア - wiki@nothing

3. 交換用HDDを接続
新しいHDD(WDC WD20EADS) をUSB外付けHDDケースを使用してLandisk背面のUSB2に接続する。

4. システム転送
telnetでLandiskにログイン

> fdisk -l /dev/sdb
でパーティションを確認

> dd bs=1M count=2048 if=/dev/sda of=/dev/sdb

5. パーティション切り直し
fdiskを起動

> fdisk /dev/sdb

サイズを変更するパーティションを一旦削除する。
> Command (m for help): d
> Partition number (1-6): 4

拡張パーテーションを作成し直す。
> Command (m for help): n
> Command action
> e extended
> p primary partition (1-4)
> e
> Selected partition 4
> First cylinder (1-243201, default 1): 145
> Last cylinder or +size or +sizeM or +sizeK (145-243201, default 243201):
> Using default value 243201

パーテーション(sdb5)を作成。
> Command (m for help): n
> First cylinder (145-243201, default 145):
> Using default value 145
> Last cylinder or +size or +sizeM or +sizeK (145-243201, default 243201): 170

パーテーション(sdb6)を作成する。
> Command (m for help): n
> First cylinder (171-243201, default 171):
> Using default value 171
> Last cylinder or +size or +sizeM or +sizeK (171-243201, default 243201):
> Using default value 243201

パーティションを記録しfdiskを終了する。
> w

6. フォーマット
> mke2fs -j /dev/sdb5
> mke2fs -j /dev/sdb6

7. 設定保存用パーテーションの内容をコピー
> mount -w /dev/sdb5 /mnt/usbdisk1/
> cp -Rpf /mnt/hda5/* /mnt/usbdisk1

8. データパーテーションに初期フォルダを作成
> mount /dev/sdb6 /mnt/usbdisk2/
> cd /mnt/usbdisk2/
> mkdir -p share/disk/ spool/samba

9. 一旦終了
> shutdown -h now

10. HDD交換後、再起動
この時点では正常動作しません。
Telnet出来るようになるまでかなり時間が掛かるので、しばらく待ちます。

11. RAID再構成
Telnetで再度ログインして、RAID再構成
> mdadm -C -f /dev/md5 -l 1 -n 1 /dev/sda5
> mdadm -C -f /dev/md6 -l 1 -n 1 /dev/sda6

12. 一旦再起動
> shutdown -r now

13. データパーティション属性変更
Telnetで再度ログインし、データパーティションの属性を変更する。
> cd /mnt/hda6/share
> chown nobody:nobody disk
> chmod 775 disk

これで完了です。最後の手順は管理画面からフォーマットでもOk。

nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 3

新瀬

一日使ってみて、とりあえず動画再生も問題ないし、消費電力の点から5400rpmにしといたんだけど速度的な問題も無い模様。

副作用として動作音が静かになった気がする(笑
by 新瀬 (2009-11-16 00:41) 

うさぴょん

すごい助かりました。難しいですねえ。Windows一辺倒ではだめでLinuxの知識も仕入れておかないと。勉強になったのと苦戦しましたが良い時間をすごせました。
by うさぴょん (2012-06-03 14:46) 

新瀬

>うさぴょんさん
どうもです。Linuxを使う機会のある人は多くはないですよね。知らないとほとんど呪文ですし。メモ書きですがお役にたてたなら何よりです。
by 新瀬 (2012-06-18 23:39) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。